下肢静脈瘤の保存

下肢静脈瘤の仕組みとは

下肢静脈瘤は弁が壊れる病気

女性に圧倒的に多い下肢静脈瘤という病気。足の血管がうねったかたちで浮き出てきたり、寒い時には痒かったりします。
女性にとって足の血管がコブのように浮き出てきたりするのは、見た目にも恥ずかしいものです。
下肢静脈瘤がどのようにして生じる「のか、その症状は何か、治療法はあるのかといったことを知っておくなら自分が、下肢静脈瘤かも知れないと感じた時に適切な治療を選択できるでしょう。
下肢静脈瘤おすすめ病院情報サイト。

下肢静脈瘤はどのような仕組みで生じるのでしょうか。その前に、静脈の働きについて説明する必要があります。
心臓から全身に送り出される血液は「動脈」を通って、心臓に戻る血液は「静脈」を通ります。心臓から遠く、重力に逆らう形で心臓に戻る足の血液は、どのような仕組みで帰るのでしょうか。それは「筋ポンプ作用」という仕組みで戻ります。足を動かしたときの筋肉の収縮運動で静脈の血液が圧迫され上へ戻ります。さらに逆流することなく、一方方向に血液が流れるように「静脈弁」という逆流防止弁が静脈血管にはついています。

ではどのような仕組みで下肢静脈瘤になるのでしょうか?
人が長時間、立ったままの状態などで足を動かさなかったりした場合、「筋ポンプ作用」が働かず、心臓に血液がゆっくりしか戻らず、なおかつ心臓から出て動脈によって運ばれる血液は一定量なので、結果として足の静脈内に血液が溜まったままの状態が生じます。
この状態が静脈の血管を圧迫し、こうした状態が繰り返される、ずっと続くと静脈血管内の「静脈弁」が壊れて閉じなくなり、血液が静脈内に溜まり、それがコブつまり溜(りゅう)となるわけです。

女性に多いと言われるのは、妊娠によるもの、男性よりも筋力が弱い、という理由があります。さらに長時間同じ姿勢で立ったまま、あるいは座ったままで仕事をする、といった理由も原因として考えられます。

もし、自分の生活スタイルがこれらの理由に当てはまる、最近足が重い感じがする、だるい、時々つることがあるといった症状があるなら下肢静脈瘤の可能性も考えてみることができます。